Top >  リフォームとは >  修繕で強化される服

修繕で強化される服

今や、服の補修リフォームをすることができます。
ですが、あまりにも古い洋服の場合は、色あせなどがありますので、新しい布をあてた場合に多少の色の違いが出て、よく観察すると補修した個所がわかってしまうこともありますが、破損した個所によっては補修しても大丈夫なところもありますので、まずは相談してみましょう。
そしてこのようにほかの布をあてた補修に不向きな素材もあります。
たとえば、礼服やベルベット、デニム、光沢のある洋服や生地の薄い物等は布をあてて縫い付けても縫い目が目立ってしまうことがあるからです。
また、お気に入りのスカートのファスナーが壊れた場合はファスナーの部分を交換すればよいのです。
ポケットがよれよれになって、擦り切れてしまった場合は補修すればまた着れます。
パンツの裾が擦り切れた場合は裾直しをすればよいし、ジャケットの袖が擦り切れた場合は補修すればよいわけです。
股の部分が擦り切れた場合は、股擦れ防止加工をプラスしてもらえば股の部分が強くなって、擦り切れにくくなります。

 <  前の記事 基本直しリフォームとは  |  トップページ  |  次の記事 洋服は修繕できる!  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/901

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。