Top >  リフォームとは >  天井裏のロフトもいい

天井裏のロフトもいい

子供部屋をリフォームする際に、天井裏にロフトを作るという方法もあります。
ですが、これはマンションの場合ですと少し難しくなりますが、一軒家ですと天井にロフトのスペースを設けるだけで屋根裏部屋ができ
るのです。
また、狭い子供部屋をリフォームしてフィットインの家具などにするとスペースに余裕が出てきます。
また、一言で子供部屋を二つに仕切るといっても、子供の性別などによっても仕切り方が違います。
たとえば、男の子同士の兄弟でしたら、ベッドの置き場を別々にしたり、それぞれの机を違った場所に置いたりすることで満足してくれることでしょう。
しかし、女の子の姉妹や異性の兄弟の場合ですともっと厳密に仕切っててほしいといわれることもあるでしょう。
その場合は完全に二つの部屋にリフォームして、別々の部屋にすることになりますね。
また、子供部屋は子供が大きくなって、家を出てからは誰もいない空の部屋になってしまいます。
そのときにまた趣味の部屋などにリフォームできるような子供部屋にできるとよいでしょう。

 <  前の記事 キッチンの収納リフォーム  |  トップページ  |  次の記事 子供部屋のリフォーム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/931

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。