Top >  その他リフォーム >  クローゼットのリフォームの注意点とは

クローゼットのリフォームの注意点とは

クローゼットのリフォームを行う際に考えるのは、機能的で洋服が長持ちできるような空間ではないでしょうか?
余裕のあるスペースをつくらないとドアを全開にしたら足の踏み場もないのでは困ります。
したがって、クローゼット扉がスムーズに開閉できるように扉前の床面積にも余裕をもたせたいものです。
ベストなクローゼットはドアを全開にしても全身が映る鏡で試着できるのがよいでしょう。
しかし、現実的に部屋にそれほどスペースのある家は少ないといえるでしょう。
そのため、扉の前が狭くても開閉しやすい引き戸にするとスペースの節約になります。
もちろん、広々とした家にお住まいの場合はウォークインクローゼットという収納専用の部屋を作ることをオススメします。
一部屋がすべてクローゼットならばスペースにも余裕がありますので、収納はしっかりできますし、分類することもできますので、探し物をする時間も節約できるでしょう。
また、スペースに余裕がありますので、クローゼットの中を歩けるほどの余裕があります。
クローゼットは空気の流れが悪い場合が多いので、よく換気して、結露や湿気の被害に注意しましょう。
また、リフォームするときに機能性壁材を使ったり、換気扇を使ったりするとより効果的だといえます。

 <  前の記事 マンションのリフォームの際の注意点  |  トップページ  |  次の記事 クローゼットのリフォーム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/905

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。