Top >  その他リフォーム >  マンションの際は区分所有法に要注意

マンションの際は区分所有法に要注意

今やマンションに住む方がいいという方も多くなってきたと思います。
購入したマンションだから、自分の好きなところをリフォームする・・・ということは出来ないのです。
なぜなら、区分所有法に沿った管理規約と使用細則が決められているからです。
マンションによっては管理規則も違いますが、基本的にリフォームのできる範囲というのはどこのマンションも似通った部分があります。基本的にリフォームできる範囲というのは、プライベートの専有部分だけで、マンションの共用部分や専用使用部分はパブリックスペースですので、リフォームはできないようになっています。
それでは、専用使用部分というのは具体的にどこのことでしょうか。
専用使用部分というのは、ベランダや玄関の扉、そしてサッシなどで、つまり居住者がいつも自分だけで専用に使用している共用部分のことです。
そのため、サッシの取替えや網戸の張り替えはよいのですが、勝手に共用部分をリフォームするということは禁じられているのです。
また、リフォーム前にはマンションの管理規約をよく読んで、わからない点があった場合は管理組合などに問い合わせをしてからリフォームをはじめましょう。

 <  前の記事 マイホームのリフォーム  |  トップページ  |  次の記事 マンションのリフォームの際の注意点  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/907

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。