Top >  その他リフォーム >  機能性を重視しよう!

機能性を重視しよう!

トイレをリフォームする際に、トイレの床を意識するといいでしょう。
なぜなら、トイレの床は汚れやすいからなのです。
トイレの床に使用する床材はタイルがオススメであるといえます。
なぜなら、タイルは掃除がしやすく高級感にあふれ、耐摩耗性にすぐれているからなのです。
そして、タイルが大きいとつなぎ目に入りがちの雑菌などによる汚れも少なくなりますので、きれいな状態を保ちやすいのです。
また、光触媒のセラミックタイルですので、アンモニアのにおいや、いやなカビのにおいの元となる雑菌を分解しますので、トイレ独特のツンとしたにおいがなくなります。
もちろん、トイレをフローリングにすることもできますが、木は水に弱く、アンモニアや洗剤ですぐにシミになるというデメリットがあります。
そのため、トイレ専用のフローリングを探さなければなりません。
EB硬質フィルムで加工された高耐久フローリングなどは、アンモニアや薬品に強いので、トイレのフローリングに適しているといえるでしょう。
また、CFシートなどのビニールシート系の床材もありますので、値段も安く、見た目もきれいで、掃除もしやすいのです。
トレイのリフォームは機能性を重視した材料選びをした方がよいでしょう。

 <  前の記事 屋根のリフォームは  |  トップページ  |  次の記事 トイレの床は何がいい?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/915

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。