Top >  その他リフォーム >  犬の場合は

犬の場合は

ペットを飼うためにリフォームを行う際の注意点として、床に特別加工を施すといいでしょう。
なぜなら、ペットを室内で飼う場合は、排泄物の処理も大変ですね。
家の中を汚すばかりでなく、雑菌や悪臭も発しますので、健康にもよくありません。
そのため、リフォームする際には掃除しやすい材料を選ばなければなりませんし、清潔な空間作りについても検討しなければなりません。また、あまりにもつるつるしたフローリングですと、犬は走っているときに転ぶ可能性があり、思わぬ犬の骨折や脱臼の原因にもなりますので、滑り止めのワックスも使わなければなりません。
そして、カーペットを使う場合は雑菌のほか、ダニなどの発生にも気をつけなければなりません。
できればカーペットの使用は避けて、どうしても使うときはタイルカーペットなどを使って、汚れた部分を交換できるようにしましょう。そして、室内犬を飼うときは家の換気にも気をつけなければなりません。
犬のにおいが充満しますので、脱臭効果のあるリフォーム材を使うように心がけましょう。
また、マンションの場合は下の階の住人の迷惑にならないように、防音素材を使うとよいでしょう。

 <  前の記事 ネコの場合は  |  トップページ  |  次の記事 動物と暮らすためのリフォーム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/921

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。