Top >  その他リフォーム >  動物によって違うリフォーム

動物によって違うリフォーム

ネコと暮らすためのリフォームとして、ネコ部屋は換気する回数が少ないので、カビ対策なども必要になることでしょう。
そのため、換気扇を取り付けたり、網戸の付いた窓を設置したりするとよいでしょう。
また、ネコの部屋には高気密用エアタイトドアという特製ドアを設置して、ネコ部屋の空気がほかの場所に漏れないようにするという優れもののドアにリフォームしてみるとよいでしょう。
ドアはレバーハンドルですと、賢いネコはすぐに開け方を覚えて、自分で部屋を自由に出入りできるようになりますので、できればネコでも開け閉めのできるものではなく、しっかりスペース区分できるようにした方がよいでしょう。
そのため、ドアのハンドルを丸い握り玉スタイルのものにリフォームするとよいでしょう。
レバーですと簡単に開けられますが、握り玉ですとなかなか開けられないようになるでしょう。
また、ネコの習性で高い場所にジャンプしたり、あちこち飛び回ったり、狭い段ボール箱やタンスの中に隠れたりするのが大好きです。
そのため、ネコ部屋にはそういった運動が十分にできるようなおもちゃが必要です。
たとえば、高いところにキャットウォークを設けたりすると喜ぶことでしょう。
ネコと快適な暮らしができるように工夫をしましょう。

 <  前の記事 サブリビングとは  |  トップページ  |  次の記事 ネコの場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/923

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リフォーム まだまだリフォームできる!捨てずに使おう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。